化粧品に含まれているビタミンC誘導体って何?

ピーチの美しく生きるための部屋へようこそです。

化粧品に含まれる成分、ビタミンC誘導体って何?

化粧品によく配合されている、ビタミンC誘導体。

ビタミンCは知っているけど、ビタミンC誘導体って何?と思ったことはありませんか。

化粧品の成分としてよく使用されるビタミンC誘導体について気になることを調べてみました。

ビタミンC誘導体ってそもそも何のこと?

ビタミンC誘導体とはビタミンCを人工的に改良した成分のことです。

ビタミンCは抗酸化作用やニキビ改善・美白などに効果を発揮する化粧品にピッタリの成分なのですが、その反面もろくて壊れやすいという特徴があります。

そのままの状態では肌に浸透する前に損なわれて期待する効果を得ることができないため、加工して強くしたというわけです。

また、ビタミンCを誘導体化することで肌への浸透力も高くなりました。

吸収された後は酵素の力を借りて元のビタミンCに戻り高い効果を発揮してくれます。

ビタミンC誘導体で得られる効果とは?

ビタミンC誘導体は化粧品に欠かせない美容成分です。様々な方向から私達の肌を良い方向に導いてくれます。

抗酸化作用

肌の酸化を促す活性酸素を除去して、老化遺伝子にも作用するため肌の老化を遅らせる効果があります。

美白効果

メラニン色素の生成を防ぎシミの予防に効果的。ビタミンE合成促進作用により血行が改善されるため新陳代謝が良くなり、くすみの改善も期待できます。

美肌効果

コラーゲンの生成を促して肌のハリやツヤを整えます。また保湿成分であるセラミドの合成を促進するため肌の保水力アップにも効果的です。

ニキビ改善

抗炎症作用と皮脂分泌の抑制により、ニキビの原因である炎症と皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

ビタミンC誘導体に副作用はあるの?

ビタミンC誘導体は化粧品に使われているお馴染みの美容成分でもありますが、副作用も存在しています。肌質により合わない場合もあるので事前によく確認しておきましょう。

副作用1.刺激

ピリピリとした刺激を感じる可能性があります。特に品質の低い物や、ビタミンC誘導体の濃度が高い化粧品に起こることがありす。

副作用2.肌の乾燥

ビタミンCには皮脂分泌を抑制させる効果があるため、それが過剰に作用すると肌が乾燥してしまうことがあります。

ビタミンC誘導体が高濃度な化粧品を使うと副作用のリスクが高まるため、敏感肌や乾燥肌・ニキビ改善が目的の方は、低濃度の化粧品を選んだ方が無難です。

また、使用する前にパッチテストを行うようにしましょう。

ビタミンC誘導体とはビタミンCを改良して使いやすくした成分のことです。

主な効果は老化防止や美白・美肌・ニキビ改善など、素晴らしい効果が期待できますが肌への刺激や乾燥などの副作用もあるため、使用前に化粧品の品質や配合濃度をよく確認しておきましょう。


美容記事一覧

Copyright(C) 2012 ピーチの美しく生きるための部屋☆スキンケア☆ All Rights Reserved.